ダヴ セルフエスティーム
(自己肯定)・プロジェクト

*

「ダヴ セルフエスティーム(自己肯定)・プロジェクト」について

「ダヴ セルフエスティーム(自己肯定)・プロジェクト」は、
次世代の女性が自分の容姿に対して自信を持って成長することを応援するため、
2004年に設立されました。
このプロジェクトでは各種ワークショップを通じ、
8歳から17歳の少女たちの自己肯定感を高める教育プログラムを
世界規模で提供しています。

1700万人の参加に達成

設立以来、ダヴの日々の取り組みにより、既に112か国から1700万人もの人がプログラムに参加しています。次世代の少女たちが自分への自信と自己肯定感を高め、自信の可能性を最大限に発揮できるようにするために、より多くの方のこの活動に参加してほしいと願っています。

画像: Free Being Meの

大好きなわたし
~Free Being Me~
(フリービーイングミー)~

ガールスカウトとダヴは、ダヴ セルフエスティーム(自己肯定)・プロジェクトの一貫として、自分の容姿について自信を持つことにより、次世代の少女たちが自分の美しさに気づくきっかけをつくるプログラム「大好きなわたし~Free Being Me(フリービーイングミー)~」を行っています。

画像: 大好きなわたし Free Being Me(フリービーイングミー *

ダヴとガールスカウトによる
自己肯定感を向上するための
協働プロジェクトを展開
~自分の美しさに気づくきっかけを少女に~

このプログラムは少女や女性に広くみられる「外見の自信のなさ」に対処するため、活動を行っています。ガールスカウトが毎年実施する意識調査によると、多くの少女たちは「自分の容姿はこうでなければ」という強いプレッシャーを感じており、それが将来に向けた彼女たちの希望にマイナスの影響を及ぼしています。目が大きい、痩せているなど、「理想的な容姿=社会で形成されている作られたイメージ」に、疑問を投げかけることから始める「大好きなわたし 〜Free Being Me〜」。

ダヴはガールスカウトとともに自分の外見に対する自信のなさから消極的になっている少女たちに、ポジティブな変化をもたらすことで、容姿への自信および自己肯定の向上を促進していきます。

日本では2016年3月までに全国約17,000人の少女たちとプログラムを行うことを予定しています。

2015年12月
日本初 Dove Dayを開催しました。

画像: Dove Day の様子 *

Dove Dayは世界各国のダヴが開催しているイベントで、ダヴ セルフエスティーム(自己肯定)・プロジェクトの様々な活動の報告や発表のほか、各種プログラムのワークショップなども行われています。
2015年12月、日本で初めてとなるDove Dayが開催されました。イベントでは「大好きなわたし 〜Free Being Me〜」のワークショップも実施。参加された方々に、自己肯定感を高めることの大切さを実際に肌で感じていただくことができました。

参加された方の声

画像: Dove Dayに参加した女性

自分にも良いところがたくさんあり、自信を持っていいんだなって思えました。これから笑顔が多くなり、人の良い部分に目が向くようになりそう。人にも自分にも優しくなれそうです。

画像: Dove Dayに参加した女性

自分を見つめ直すことで、どんな人間なのか改めて感じることができました。忙しい日常に少し疲れていたのですが、新たな気持ちで頑張ろうという意欲が湧いてきています。ポジティブになれそうです!

画像: Dove Dayに参加した女性

人に共感されたり、認められたりするのは嬉しい経験だし、子供にもしてあげたいと思いました。こういうワークショップを子供時代に受けられたら幸せですよね。一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

画像: Dove Dayに参加した女性

子供には、自己肯定感が高まるように「愛してる!」と伝えていますが、私自身を認めてあげる気持ちが欠けていたと気がつきました。これからは、自分も愛せる自分になりたいと思います。

第23回 世界スカウトジャンボリーで
「大好きな私 ~Free Being Me~ 」 の
プログラムを実施しました。

画像: 世界スカウトジャンボリー *

世界スカウトジャンボリーは4年に1度開かれる150カ国以上から約3万人の青少年が集まる大会です。
日本で大会を開催するのは、なんと44年ぶり。約2週間にわたってキャンプをしながら体験するプログラムの1つとして 「大好きな私 ~Free Being Me~ 」が採用されました。

世界スカウトジャンボリーサイトはこちら

洗足学園の生徒さん達と、
「大好きな私 ~Free Being Me~」の
ワークショップを行いました

画像: 世界スカウトジャンボリー *

2016年10月洗足学園で行われた「大好きな私 ~Free Being Me~」ワークショップに、 中学2年生と3年生 470人が参加しました。プログラムを終えた彼女たちは、「自分の良いところを見つけると、いろんなことに取り組む意欲や自信がうまれ、明るい気持ちになれました」と感想をシェアしてくれ、自己肯定感の大切さを感じてもらうことができました。

世界の取り組み

「大好きなわたし~Free Being Me(フリービーイングミー)~」は
世界中で共通のプログラムを実施しています。
詳しくはこちら

* *

プログラムの紹介

「世界中で、同じ教材が使われています。
この教材を使い、プログラムができるようにリーダーのトレーニングを実施しています。
トレイニングを受けたリーダーが少女にプログラムを実施しています。
ガールスカウト日本連盟 大好きなわたし ~Free Being Me~

* *

大人のための
Free Being Meも開催中

画像: 世界スカウトジャンボリー *

大人の方にも体験して頂き、幅広い参加者に自分の外見に
自信を持っていただく活動を行っています。

*

  • 自分のことを肯定的に考えられる良い機会になりました。

    20代前半女性

  • 大人であっても気付きは嬉しいので、伝えるために、こうしたプログラムを立ち上げてくださって嬉しい。

    40代女性

  • 自分が否定的に思っていた所をほめていただき、ポジティブな意見を聞けたことで自分に自身を持てるようになりました!

    20代女性

  • 自分のことを知る、他人のことを聞く。特に容姿や性格について話すことは滅多にないのでとても楽しかったです。

    10代女性

ガールスカウトのサイトはこちら